便利に使える

マンションや一戸建てなどの住宅を退去する場合、それが売却によるものであれ賃貸契約の終了によるものであれ、通常は家具などはすべて運び出してから次の入居者に引き渡すのが一般的です。 これは住居用物件に限らず店舗用物件についても同じです。通常はスケルトン渡しといって、設備などは完全に取り払った状態で引き渡します。 しかし店舗用物件の中のは、例外的にこの原則どおりでないものもあります。そうした物件のことを居抜き物件といいます。 居抜き物件とは前の入居者が営業を行っていた当時に設置した設備がそのまま残っている物件のことをいいます。そして居抜き物件に入居する場合は、これらの設備をすべて引き継ぐことが入居の条件となります。

居抜き物件はさまざまな業種の店舗に見られますが、特に多いのが飲食店です。飲食店の場合、客席のテーブルや椅子は言うに及ばず、たとえばレストランであれば厨房設備、バーであればカウンターなど、調達するにも処分するにも多額の費用がかかる設備が必要です。そのためこれらの設備をテナントからテナントへとそっくり引き継ぐことで、前の持ち主は撤去費用を、新しい持ち主は設置費用を節約できるというメリットが生まれます。また同じ種類の店であれば、場合によっては前のテナントの常連客をそのまま引き継げるという副次的なメリットが発生することもあります。 居抜き物件には買取タイプ、リースタイプ、家賃も含めた総額で賃借するタイプなどいくつかの種類があります。多くの物件はビルの一室にあるので、タイプの違いはビルオーナーの意向が反映されている場合が多いです。